ワインのための葡萄

下北ワインは、下北の気候、風土に合った
それぞれ下記の葡萄から作っています。

赤ワインと白ワインとでは醸造方法が異なります。


ピノノワール

ピノ・ノワール

ライヘンシュタイナー

ライヒェンシュタイナー

シェーンベルガー

シュロンブルガー

下北ワインRyo

下北ワインRyo 

下北ワインKanon

下北ワインKanon 

下北ワインSarah

下北ワインSarah

ワイン醸造

[収穫]

2km離れた専用農場エムケイヴィンヤードから収穫した葡萄が、即座にワイナリーに運ばれてきます。


収穫

[除梗]

収穫した葡萄から茎の部分(果梗)を取り除き、
粒を軽く潰す工程です。


ワインづくりに必要のない果梗の部分が、
まず取り除かれます。


(果梗の部分をワイン作りに利用する場合もあります)


除梗
実と果梗
除梗

[破砕]

収穫した葡萄は破砕機にかけてつぶします

破砕
赤ワイン 白ワイン

[発酵・貯蔵]

赤ワインの発酵


赤ワインは果皮や種子も

一緒に発酵槽で発酵させます。

その年の出来具合、 機構、
めざす味わいのタイプ にあわせて、
使う酵母の種類や
発酵期間、温度、
などの全てを作り手が判断していきます。


毎日のきめ細やかな温度管理を欠かしません。

[圧搾・搾汁]



白ワインは圧搾機にかけて
果汁だけを取り出します。


[圧搾・搾汁]

圧搾機にかけて果汁だけを取り出します。


赤ワインは果皮や種子も

一緒に発酵槽で発酵させます。


[マロラティック発酵/樽熟成]

樽熟成

マロラティックで2次発酵させます。
発酵を終えたワインは、樽に入れて熟成させます。
ごく一部の商品を取り除き、
加熱殺菌の工程をとらない
『生製法』で製造しています。

[発酵・貯蔵]



取り出した果汁だけを発酵させます。

その年の出来具合、 機構、
めざす味わいのタイプ にあわせて、
使う酵母の種類や
発酵期間、温度、
などの全てを作り手が判断していきます。


毎日のきめ細やかな温度管理を欠かしません。

[瓶詰め]

[ラベルを貼って完成]


美味しい下北ワインの出来上がりです。

完成品