下北牛とは、北東北の特産牛日本短角種と日本短角種に和牛間交雑した、通称短黒牛を青森県下北半島で育てた和牛のブランド名です。下北牛は、デイリー社グループ農業法人で繁殖から肥育まで一貫し大切に育てております。 放牧を中心に栄養豊かな干し草を与え、出荷の6ヶ月前よりニチニチ製薬が開発した機能性乳酸菌 FK-23菌1日あたり、ヨーグルトに換算すると24Lも与えて健康に育てています。この機能性乳酸は牛の健康を守るだけではなく、肉や牛脂の旨味成分を増やす働きもあります。系列企業である農業法人エムケイヴィンヤード※が安心・安全・良質にこだわり、心を込めて下北牛の繁殖肥育を行っております。また、デイリー社グループのサンマモルワイナリーは、ワインに合う食材として下北牛に注目しています。

※農業法人エムケイヴィンヤードはデイリー社グループの一員として、青森県下北半島にて畜産事業とワイン用ぶどうの栽培を行う農業法人です。
生産されたブドウは、系列企業のサンマモルワイナリーにてワイン作りに使用されます。製造されたワインは、様々な品評会において数多くの賞を受賞しております。

下北牛は青森県下北半島の大自然の中で、 春から秋にかけて親子で極力放牧され、 母牛の母乳で育ちます。そして冬になると、栄養豊富な干し草と配合飼料を与えられます。配合飼料は黒毛和牛に比べ制限しており、良質な赤身の歩留まりを上げます。そして出荷前の6ヶ月間は肉の旨味を向上させるために1日あたりヨーグルトに換算して約24リットルの乳酸菌を与えます。この乳酸菌は、11の特許取得実績があるニチニチ製薬株式会社の、ヒト由来の腸内細菌の一種であるフェカリス菌を特殊加工した「FK-23」(機能性乳酸菌)です。このように、人と食料を競合することのない「草」を中心に与えられる下北牛は、環境負荷の少ない牛ともいえます。また、乳酸菌を与えられて育った下北牛は 通常肥育された牛と比べて 「旨味」成分が多く含まれており 噛むほどに肉本来の旨味を味わう事ができます。

※FK-23 とLFKの2種で取得

赤身肉は鉄分豊富で、美味しくてヘルシーな食材として近年注目されています。 また、健康長寿の味方としてアンチエイジングの効果も期待されています。 安心・安全・良質にこだわって育て上げた下北牛を是非ともサンマモルワイナリーのワインと合わせてご堪能ください。

お問合わせ


メールマガジン


限定クーポンやお得な情報、新商品のご案内をお届けします。

販売店舗情報


サンマモルワイナリー Sun Mamoru Winery
〒039-5202
青森県むつ市川内町川代1番地6
TEL:0175-42-3870